債務整理をする前に知っておきたい基礎知識

債務整理を行った後の対応

債務整理をした後は、信用情報にブラックが付きますので、しばらくはローンを組むことが出来なくなります。もちろんクレジットカードの申し込みもできませんので、光熱費やプロバイダー料金をカードで払っている場合は、早めに口座からの引き落としにしておきましょう。また、ネットショッピングにはデビットカードがあると便利です。デビットカードはICカードと同じで、残額分だけを使えるカードなので、与信情報に関係なく作ることが出来ます。
また、金融機関によって、ローンを再開できるまでの年数が違ってきます。ですから、ブラックが消えたかどうかを確認するためには、それぞれの金融機関の系列の信用情報機関に問い合わせて、自分の情報を郵送してもらうか、あるいはPCにダウンロードするのhがお勧めです。信用情報機関は消費者金融、クレジット会社、銀王の三種類があります、このうち一番基準が緩いのは消費者金融、一番厳しいのは銀行です。

今後の借り入れにも影響してきます

しかし、ローンやクレジットカードを再び使えるようになっても、まだ注意しておきたい点があります。それは、債務整理の対象となった金融機関は、審査に通りにくくなる点です。やはり、自分の所からお金を借りて、あるいは自社のクレジットカードを利用してきちんと返済されていないわけですから、厳しくなるのは当然です。このような場合は、今まで利用したことのない金融機関で申し込むのがいいでしょう。

弱みに付け込むヤミ金融に要注意

それから闇金にも気を付けておきましょう。よくブラックでも多額の融資をしますとか、債務整理後でも大丈夫といった文句を掲げている業者がいますが、大抵は違法業者である闇金です。高金利でお金を貸し、しかも返済できない時の取り立てがかなり容赦ないため、絶対に利用しないようにしてください。特に連絡先が携帯しかないとか、申し込みに印鑑証明を持って来させるような業者は要注意です。