債務整理の方法及び債務整理をすることの意味について

債務整理の種類と方法

債務整理といっても色々な方法があります。代表的な方法は任意整理や自己破産で、任意整理は一定の期間内に債務を分割返済するもの、自己破産は裁判所に申し立てを行い、それまでの債務を帳消しにしてもらうものです。いずれの場合も、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。弁護士や司法書士に受任通知を出してもらうと、それが相手に届いた時点で督促が止まりますので、後は指定された書類を揃えて、出来るだけ早く提出するようにしましょう。

自力で行える特定調停

その一方で、弁護士や司法書士に依頼しない債務整理方法もあります。それは特定調停と呼ばれるもので、自分で裁判所に申し立てを行って、調停により返済金額を決定するものです。自分で申し立てをするので、経費がかからないのがメリットですが、受任通知がないため、引き続き督促が行われることがあります。また、定期的に簡易裁判所の調停に足を運ぶ必要があります。

自己破産は最後の手段

ところで、任意整理や特定調停がうまく行かない場合、つまり返済できなくなった場合は、どのようにすればいいのでしょうか。そんな時は自己破産を行います。ただしこの自己破産は、売却できるものが何もない場合に行うものであるため、家財道具や車などがある場合は、認めてもらえないこともあります。また、何度も続けて自己破産を行うことはできません。少なくとも前の破産から7年経過していないとできませんし、仮に破産宣告をしても、免責が下りないこともあります。そのような場合は、全額返済することになります。
どのような形であれ、債務整理というのは、単に借金から逃れる手段なのではなく、それによって生活を再建する、借金に頼らない生活を送るためのきっかけとなるものであって、安易に行うものではありません。弁護士や司法書士に相談する前に、まずどのような形で返済が可能であるかを検討するようにしましょう。