自己破産の特殊性を理解しよう

債務整理の中で唯一返済をしなくていい自己破産とは

債務整理の方法は、債務額を分割して返済するやり方が多いのですが、一つだけ債務を帳消しにしてもらえるものがあります。それが自己破産です。自己破産というと、マイナスのイメージが強いのですが、返済したくても収入が少なくてなかなか出来ない、あるいは、何社からも借り入れている多重債務状態の時などには、この方法が一押しです。
方法としてはまず、弁護士あるいは司法書士に相談をして、借入先に受任通知を出してもらいます。これにより、今後督促は行われなくなります。また、指定の書類を取得して、できるだけ早く事務所に提出するようにします。その後裁判所で破産宣告が行われ、免責が下ります。個人で資産がない場合は、ほぼ同時に免責が下り、これで債務から解放されます。

気軽には行えない自己破産

もちろんハンディもあります。まず破産手続きをすると、金融業や士業の人は、一定期間仕事に就けなくなります。公共機関や企業に勤めている人は、人事異動というケースもあります。それから、破産後は7年間ブラックが付きますので、その間はローンを組むことが出来ません。もちろんクレジットカードも使えなくなりますので、カード決済をしている場合は、口座引き落としに変更しましょう。また、ブラックでも作れるクレジットカードというのもありますので、それを試してみるのもよさそうです。ただ、せっかく自己破産をしたわけですので、出来ればクレジットカードに頼らず、現金やデビットカードを利用するといいでしょう。

自己破産は債務者の有力な選択肢の一つ

それから自己破産の場合は、官報に氏名が記載されます。官報のこの欄を読む人は非常に限られますので、特に心配しなくていいのですが、闇金業者がここをチェックして、DMを送ってくることがあります。闇金は違法業者で、一度利用すると非常に厄介なことになりますので、DMが来ても無視するようにしてください。
また、最初は任意整理や特定調停といった、別の債務整理方法を取った場合でも、返済できなくなった時は自己破産を勧められます。ですから、最初から返済できそうもない場合には、むしろ自己破産一本で行くのがお勧めです。