奨学金を返せない借金にしないためには

奨学金が将来に禍根を残すケースも

近年、大学などに進学するために奨学金を利用する学生が増えています。
しかしこの奨学金は返還しなければならないものですので、きちんと返済をしないと通常の借金をしたときと同じように延滞記録がついてしまい、ブラックリストに掲載されてしまうこともあります。
奨学金の延滞記録がブラックリストに掲載されないようにするためには、奨学金の運用の仕組みを理解してから利用する必要があります。

奨学金は貸し付けたお金の返済を運営金にしている

奨学金は利用した学生が返済するお金によって運営されているため、延滞を続けている学生が多いと運営ができなくなってしまいます。
そのため、近年は奨学金の延滞も法的措置を取る対象となっており、故意に延滞をしてしまいますと、通常の借入金と同じように信用情報機関にその情報が掲載されてしまいます。

財政状況が厳しければ、返済猶予を申し込みましょう。

しかし奨学金は、通常の借り入れと違って返済を猶予してもらえる制度がありますので、どうしても返済できない事情がある場合は、積極的に制度を利用して、ブラックリストへの掲載を避けましょう。
返還期限の猶予を利用すれば、返済を一定期間延ばすことが可能となります。
また返済の猶予の制度は学校に在学している時はもちろん、学校の卒業後も適用してもらうことができます。
在学中の奨学金の返済の猶予は、外国の学校に留学したい、より上の学校に進学したい時などに認められます。
卒業後の返済の猶予は、リストラなどで失業してしまった時や、不慮の事故や病気で働けなくなってしまった時など、生活に支障をきたす事態に陥った場合に認められます。
返済を猶予してもらうときは、現在の状況を奨学金の運営者に伝えたうえで、返済を再開できるための条件や、返済の方法をあらかじめ運営者と打ち合わせておくとよいでしょう。”